ジェネリック医薬品の普及率が日本で悪い理由の基礎知識を知りましょう

サイトマップ

トップバナー

普及が遅い理由の根源

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由はいくつかありますが、普及率の悪い理由の根本にあるのは、ジェネリック医薬品の品質に対する不安感です。値段は確かに安く、薬代を抑えられますが、どうしても「品質が低いのでは?」という考えが根強くあることです。この考えが未だに残っていることがジェネリック医薬品の普及率の悪い理由の根源だということをまず知っておきましょう。そして、その根源の元は何でしょうか?

研究イメージ

根源の元は?

先の通り、品質への不安感がジェネリック医薬品の普及率が悪い理由の根源にあるのですが、この考えの根源の元は、昔、ジェネリックは小さなメーカーが製造していて、その当時、その品質が問題視された事があった、という過去があり、その品質への不安感が現在にもいたり、ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由につながっているのです。

患者と看護師

安いと品質に不安を

また、命に関わる薬ですから「安い」=「質が落ちているのでは?」という考えを、患者側が抱えてしますのも事実です。普通の物であれ ば安ければ嬉しいのが普通ですが、薬ですので、安いとその分、品質に不安を抱いてしまう、という心理もジェネリック医薬品の普及率が 悪い理由と言えるでしょう。身体に関する薬のことなので、そのような不安がをどうしても持ってしまうのは、仕方がないことかも しれません。

日本での実際の普及率

日本の普及率とアメリカとの比較

日本におけるジェネリック医薬品の普及率は、まだ20%位と悪いですが、アメリカでは、なんとすでに70%にもなっています。普及率が悪い理由は先の通りですが、ジェネリック医薬品が関心を引くように、保険組合も厚生労働省もジェネリックの普及率の悪さを改善しようと、促進してきています。しかし、普及率は伸びているとはいえ、まだ悪いのが現状です。では、普及率の悪い理由の一つの病院側の現状をみてみましょう。

ジェリリック医薬品の普及率が悪い理由ー病院
病院イメージ

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由の一つに病院側が大きく関係していることもあります。実際、病院の中には患者より、自分たちのことを大事に思っているところもあります。民間病院や国立大学病院、自治体病院ではジェネリックの採用割合が9割を超えていますが、私立大学病院ではまだ6割程度です。
また、採用はしていても、あえてジェネリックを患者に伝えず普通の薬を出す病院が多い、というのも普及率が悪い理由の一つです。このように 患者側だけでなく、病院側の理由からでもジェリリック医薬品の普及率が悪いというのが日本の現状なのです。 かなりこのようなジェネリック医薬品の普及率が悪い理由は解消されてきました。しかしどうしても昔の印象の強い 高齢者の方などはジェネリック医薬品に対して不安感をもっている、というのも日本での現状なのです。若い人は普及率につれて 安心感も増していますが、高齢者はどうしても昔からの薬のほうが安心するのです。これは変わらないものを好む日本人の特質 としては仕方ないのですが、これが医療費を圧迫している要因でもあるのです。高齢化社会がますます進む現代ではジェネリックにしないと 医療費が破たんしてしまうのです。

相互リンク
http://www.tanteisan.com/
http://i-eigo.net/
http://blanc-homme.com

病院の実態と政府の活動

ジェリリック医薬品の普及率が悪い理由ー病院

ジェネリックの使用自体を考慮していない病院も2割以上あるそうです。病院側の経営から見るとジェネリックに変えると、薬剤費を節約することができます。しかし、自分の病院だけでジェネリックを採用することに対して抵抗感ある医師が多いそうです。現状は周りの病院の動きを見ながららジェネリックの採用を検討している、といった具合です。これもジェネリック医薬品の普及率が悪い理由として挙げられます。また、理由はわかりませんが、ジェネリックを採用する意思が毛頭ない病院もまだあります。これもジェネリック医薬品の普及率が悪い理由の一つです。

喜ぶイメージ

ポイント 現在、政府はこのような病院側のジェリリック医薬品の普及率の悪い理由を解消しようと、ジェネリック医薬品を採用する病院に、入院基本料などの配慮等、病院にもジェネリックを利用するメリットを政府から打ち出しています。

そして、その状況下、多くの製薬会社がジェネリック医薬品をとりあつかうようになってきまし た。昔からのジェネリック医薬品への不信感、不安感を政府の活動や大企業がジェネリックを取り扱うことで、病 院側からも患者側からも現在は少しずつなくなってきているようです。これは病院側にとっても患者側にとっても とても良いことですよ。特に患者側はジェネリックを使用することによって、大きな負担である薬代を大きく 減らす事ができるのです。高齢者や薬を複数の種類を毎日服用している人は多いはずです。私もそうですが、通常の薬だと 10000円以上月にかかる薬科代がジェネリック医薬品だと5000円程度で済んでいるのです。ジェネリック医薬品は薬局によっては 自分から言わないと出してもらえませんので、自分から可能な薬はジェネリックにしてもらうように希望しましょう。 また、これまでジェネリックがなかったとしても、新しく出てくる可能性も大きいので、毎月確認するとよいでしょう。 通常は薬剤師から説明してくるものですが場所によってはあまり進めないところもあります。

相互リンク
http://www.k-seek.com/
http://exterior-gardening.com/reason/
http://shounani.co.jp

ジェネリック使用を躊躇する理由の例

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由の一つとして、先の通り、病院側がジェネリックの使用を躊躇しているというのがあります。このような病院は新薬とジェネリックが同一の効果があると完全に信じきれないからです。

抗がん剤のタキソールという薬を例にしてみましょう。静脈注射されるこのタキソールにはジェネリック医薬品があります。抗がん剤はがん治療で大きな役割を持つ薬なので、本当に薬効がないと使用できません。同一効果があると信じきれていない病院がジェネリックの使用を躊躇する理由はここにあるのです。

ジェネリックに置き換えると
世界のイメージ

では、タキソールのジェネリックであるバクリタキセルを使った場合どうなるのでしょうか?バクリタキセルは世界で幅広く使用されているジェネリックです。一番のメリットはやはり、患者の薬剤費負担が大きく抑えられることです。薬価は半額以下になるので、単純に考えても入院中の薬代だけでも半分になります。

抗がん剤の医薬品は普通の薬と違い、値段がとても高いのが現状です。1回の抗がん剤で4万円もの薬剤費が必要になるのです。これ が半額になり、世界的にも認められているジェネリックで、品質は新薬と変わらないのですから、患者やその家 族にとってはとてつもなく大きなメリットと言えるのです。そして、以前は普及率が悪かったこのジェネリックは、 先の政府活動等で少しずつですが、上がってきています。薬局などでも現在はジェネリックを推奨していますし、病院側でもジェネリックを勧めて いるところもあるほど、推進活動は進んできているようです。医者の中には成分は同じでも効果が違うと思っている医者もいますが、原則的には ジェネリックの方向で進んでいるのです。全日本がジェネリックになる日もそう遠くはありません。薬名が頻繁に変わるジェネリックは 慣れないと大変な部分でもありますが、避けて通れない道なのです。

相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
http://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/koshigayashi-saijou/
http://www.choeisha.com/

通常薬とジェネリックの例2

負担額が大幅に軽減

テルミサルタンという医薬品があるのですが、これは血管の収縮作用を抑え、血圧を下げる薬です。この薬は高血圧の人の治療用に使用されています。このテルミサルタンにはジェネリックがあります。 以前は普及率が悪かったこのテルミサルタンのジェネリックも最近は使 用率が上がっているそうです。先と同じく政府の病院側への配慮もありますが、薬代 が半額以下になるというのもやはり大きな理由です。

テルミサルタンを使う人たちは、血圧を下げるために服用するのですが、この薬は、毎日服用する必要があります。つまり、使う人の使用量が多いことになります。 使用量が多いということはジェネリックに変えるだけで、負担額が大幅に軽減され ることになるのです。 毎日のことですので、月、年で換算するとかなり大きな額が節約できるので、 患者側にすると大きなメリットになります。

テルミサルタのジェネリック
シニア世代イメージ

テルミサルタンのジェネリックはミカルディスやクレサーがあります。この有効成分には、「テルミサルタンと同じ」と記載されています。効能も同じように記載されています。これは、効能が同一のジェネリック医薬品だから、もう一度詳しく説明する必要もないということになります。

このジェネリックは高血圧の人が多い高齢者にとってとても有益なので、 更に普及して欲しいものです。テルミサルタンは、複数のジェネリックがあるので、より安いものを頼んで 処方してもらうことも可能です。詳しくは薬剤師やかかりつけの医師に相談して、どれが良いか、比較してもらう こともできますので、躊躇せずに、しっかり疑問点は聞くようにしましょうね。また、ジェネリックも同じ成分で新しい名前の 物に代わることがありますので、そのような際は混乱しないように薬剤師にしっかりと説明を受けましょう。 自分の薬ですので、万が一間違っていたり、誤解してしまっては大変です。

ジェネリック医薬品の将来

厚生労働省も使用促進を勧めている

これまで、ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由を説明してきましたが、少しずつではありますが、使用率は確実に伸びています。 まだまだ普及率は悪いですが、今後、高齢化社会が更に進むにつれて、社会全体の医療費は増える一方です 。その医療費増加の対策としてジェネリックを普及させることが大きな課題であることは 間違いありません。厚生労働省もジェネリック医薬品の使用促進をますます進めていっています。 時間はかかっていますが、取り組みにより、ジェネリックが昔に比べるとだいぶ普及してきているといえます。

取り扱い会社も増えることが予想

会社イメージ

先の通り、大企業の沢井製薬、東和薬品、日医工、明治ホールディングス、日本ケミファなどがジェネリック医薬品を取り扱っており、更に取り扱い会社も増えることが予想されます。

ジェネリック医薬品への不安をお持ちの方も未だにたくさんいますが、普及活動の促進でそれらも解消されていくことでしょう。 ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由が病院、患者側両方から取り除かれ、ジェネリック使用が当たり前の日がくるのもそう遠くないかもしれませんね。 そうなれば、国の財政状態もよくなり、患者側の負担も減るので一番よいですよね。医療費が増え、また患者の医療負担額が増えている現在、もっと普及活動が 進んでジェネリック医薬品が浸透することが望まれます。ここまで説明してきたジェネリック医薬品の普及率が悪い理由が少しでも知識としてお役にたてれば幸いです。