ジェネリックの内容がわかるオレンジブックを活用しましょう

サイトマップ

トップバナー

オレンジブック

オレンジブック

アメリカで発行されている書籍

オレンジブックとは、ジェネリック医薬品の利用促進を目的としてアメリカで発行されている書籍です。 表紙がオレンジのためこの名がつきました。 先発医薬品と後発医薬品の生物学的な同等性の判定を行った結果が記載されています。 日本のオレンジブックは「医療用医薬品品質情報集」が正式名称となっています。

このオレンジブックは個別の通知毎に発行されており、情報がバラバラです。 日本ジェネリック製薬協会がこのオレンジブックをまとめ利用しやすくしたものが、オレンジブック総合版です。 インターネット上で誰でも見れるようになっています。 ジェネリック医薬品の品質について調べたい時はこのオレンジブックを見ればよいのです。

家族も安心

ジェネリックはすべてが公開

多くの情報が公開され、多くの人が検証できる状態は高く評価できます。 新薬を製造する製薬会社は、すべての情報を公開することはなく企業秘密となっているのです。 しかし、ジェネリックはすべてが公開されています。 医薬品の安全性は完璧ではなく、常に品質について問わなければいけないのです。 そして、その結果を公表しなければ意味がないのです。

ジェネリックの口コミ

口コミイメージ

プロペシアとは育毛剤として認知度が高い医薬品です。 そのジェネリックが日本でも販売されることになりました。 薄毛で悩んでいた人にとってはとてもうれしい情報でしょう。 口コミサイトではプロペシアのジェネリックを使用した感想が書かれています。 もちろんジェネリックですから、先発品と同じ効き目を期待できます。 注目したいのは価格です。様々なサイトで販売されていて、安値競争をします。 利用者にとっては嬉しいメリットですね。

よりよいコスト削減にも繋がる

ポイント医薬品は人によって効果がある場合とない場合があります。また、副作用などもあります。 ジェネリックで安値だかといって、安易に輸入品を購入するのは危険です。 医療費削減の目的としてジェネリック医薬品が注目されているのですが、口コミサイトなどで見るジェネリックは個人的に購入する時に安価だから選ばれていることが多いようです。 安いものが良いとは限らないので注意しなければいけません。きちんとしたジェネリック医薬品を安心して使用したいのであれば、薬局で処方されている ものを使用することをお勧めいたします。そちらのほうが専門化が処方するので安心だからです。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由