ジェネリックの出現によって激化する医薬品業界

サイトマップ

トップバナー

医薬品業界

競争イメージ

厳しい競争の時代に突入

今、医薬品業界は厳しい競争の時代に突入しています。 それはジェネリック医薬品が登場したからです。 今までは医薬品を新しく開発するために、多くの時間とお金が必要になりました。 そのため、資金力のある大手の製薬会社だけが医薬品を製造販売できたのです。 優れた効能を持った医薬品を作ることができれば、かなりの利益を上げることができます。

特許となりますから、独占的に製造販売をすることができるのです。 それが、ジェネリック医薬品の登場によって変化しました。 それまで独占的に製造していた商品が安値のジェネリックにとって代わられるようになりました。 新製薬を開発しても、いつまでも安泰というわけにはいかなくなったのです。

くつろぐ女性

国民にとって悪いことではない

ジェネリックを製造販売している会社はどこも後発の企業です。 十分な資金がなくてもジェネリックを製造することができます。 もちろん、医薬品としての単価は落ちますが、開発費が不要なのでジェネリックの製造は製薬会社にとって魅力的な商品なのです。

需要の高い医薬品なら、たくさんのジェネリックが製造販売されています。 日本中で毎日使われているような薬もあるのです。 ジェネリックが増えてくることは、国民にとって悪いことではありません。 これまでが高い医薬品を購入させられていたことになるのですね。 医薬品業界では大手の売り上げが減少して、中規模の製薬会社の躍進が目立っています。

ジェネリックカード

ジェネリックカード

健康保険協会などでは医薬品の価格を抑えるためにジェネリック医薬品を勧めています。しかし、実際に薬を処方するのは医師です。その医師に対して、患者側からジェネリックの使用を希望するものがジェネリック医薬品希望カードです。 このカードは「私はジェネリック医薬品を希望しています」と意思表示をするためのものです。

現代では使用しない時だけ署名をする

ポイントもちろん、このカードがなければジェネリックが使用できないわけではあ りません。ジェネリックを使用したがらない医師にジェネリックを促す ためのカードなのです。ジェネリックが始まった当初は、ジェネリックを使用する時 のみ医師が署名をしていました。しかし、現代では使用しない時だけ署名をすることになりました。こ れも厚生労働省がジェネリックを普及させたいということで行っていることです。ちょっとした手間を 医師から取り除いてあげただけなのですが、これだけで医師からするとジェネリックを処方するのが 楽になるわけですから、医師がジェネリックを処方しやすくなるわけです。この流れがしっかりしてくると 普及率もさらに上がることが予想されます。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由