自分が飲んでいるジェネリック医薬品も検索可能

サイトマップ

トップバナー

ジェネリック医薬品を検索

ジェネリック医薬品検索のシステムロゴ

ジェネリック医薬品検索のシステム

言葉としてのジェネリック医薬品を知っていても、実際にどのようなジェネリック医薬品があるかを把握している人は多くないでしょう。医師もすべての医薬品のことを把握しているわけではありません。自分が今まで処方してきた医薬品を処方することが多いです。ジェネリックを積極的に使用して欲しいので、ジェネリックの情報があれば有効活用されることが期待できます。

そのような考えで、ジェネリック医薬イン検索のシステムが存在します。医薬品の名称を入力すれば、それに対するジェネリックの検索が可能なのです。医薬品のデータベースが存在するのです。これならば医師もジェネリックの使用が可能です。薬剤師などもジェネリックのことを調査する機会があるでしょう。このようなデータベースは各県の薬剤師会が作成しています。

ネットをする女性

自分が飲んでいる薬のことを調べることも

もちろん、日本中で自由にデータを入力しているわけではありません。パソコンやインターネットでジェネリックが検索できるので、あなたも自分が飲んでいる薬のことを調べてみてください。思いの外、たくさんのジェネリックがあることでしょう。もちろん、ジェネリックが存在していない薬もあります。それは特許の有効期限が切れていないものがほとんどです。今後の医薬品はジェネリックをメインとして製造されることとなるでしょう。

ジェネリックのロキソニン

ロキソニン

関節リウマチや腰痛症などの痛みを和らげる医薬品としてロキソニン錠が知られています。これは第一三共が販売している医薬品です。このロキソニンは日本全国の病院で使用されていました。それほどに需要が高かったのです。もちろん、ロキソニンのジェネリックが販売されています。一錠の薬価は22.3です。製薬会社のマイランが販売しているジェネリックはウナスチン錠で、ロキソニンの薬価に対して半額の10.4です。ウナスチン錠の効能は、当然ロキソニン錠と同じです。添加物も同じようなものです。乳糖水和物、トウモロコシでんぷん、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム等です。

医薬品の価格が下がる

ポイント日本薬品工業株式会社が販売しているジェネリックはオキミナス錠です。薬価はウナスチン錠よりも低く6.9です。同じ商品名のオキナミス錠は株式会社ケミックスも製造販売しています。東和薬品株式会社が販売しているのはカンファタニン錠で、薬価はオキミナス錠と同じです。この他にもケンタン錠、コバソニン錠、コバロキニン錠、サンロキソ錠、スリノフェン錠、ツルメリン錠、ノブフェン錠、ボナベルト錠、リゲリース錠などがあります。これがすべてではありません。多くのジェネリックがあるのは需要が高いからです。後から販売されるジェネリックは価格が確実に下がっていきます。多く使用される医薬品の価格が下がるということは、全体に大きな影響を与えます。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由