薬局で買うと半額近くで変えるアリナミンと新ネオビタミンEXクニヒロ

サイトマップ

トップバナー

アリナミンと新ネオビタミンEXクニヒロのジェネリック

アリナタッチEX

安価なアリナミン

テレビコマーシャルでアリナミンの名前をよく聞くと思います。それほどにアリナミンは一般的な医薬品だったのです。このアリナミンもジェネリックが無関係でなくなっています。アリナミンと同じ成分のジェネリック医薬品が続々と登場しているのです。アリナミンの効能をそのまま謳い文句にしているジェネリックなのです。

アリナタッチEXは米田薬品工業です。アリナミンは体の疲れを癒し、滋養強壮を促す薬として多くの人が愛飲してきました。ジェネリックが登場すること安価なアリナミンとなるのです。ジェネリック医薬品を販売する時は、先発薬よりも価格を下げなければならないという決まりがあります。その代わりとして、アリナミンと同じ効能であることを表記することが可能になります。薬品の開発費が不要なので、企業にとっては安く販売しても大きな収益がでます。

薬剤師

薬局などで気軽に購入することができる

日本人は健康保険があるので、すぐに病院に行きます。そして、無用な薬を処方してもらっていることが多いです。アリナミンは病院で処方される薬ではなく、薬局などで気軽に購入することができます。それでも効能をよく知らない薬よりも、確実に効くとわかっている商品を購入するのが消費者なのです。アリナミンのジェネリックであるビタトレールEXPを試してみるのもいいかもですね。

新ネオビタミンEXクニヒロ

新ネオビタミEXクニヒロ

皇漢堂製薬の新ネオビタミEXクニヒロというのがあります。 オリジナルのアリナミンEXはアマゾンで5,129円もしますが、ジェネリック薬である皇漢堂製薬版のこのお薬は2,480円です。ほぼ同じ成分で構成されたお薬で錠剤数も270錠と同量です。

薬局に行ったら積極的に

ポイント健康保険の提示で市販薬も3割程度の値段に購入できれば嬉しいのですが、今の日本ではやってくれそうもありません。高すぎる健康保険税を払っているんだから病院の処方薬だけでなく普通の市販薬についても保険適用して欲しいと考える人も多いのではないでしょうか。それは現実的に無理ですが、ジェネリックがあります。 薬局に行ったら積極的にジェネリック薬をチェックしてみてはどうでしょうか。半額ですので、お財布にも優しく同じ 成分で同じ効果が得られますよ。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由