薬剤師や医師と相談してジェネリック医薬品を決めよう

サイトマップ

トップバナー

厚生労働省の広報活動

医師

広報活動を積極的にしています

厚生労働省はジェネリック医薬品の利用を促進していくにあたって広報活動を積極的に行っています。病院施設などにポスターを貼ったり、パンフレットを制作して配布するなどをしています。インターネットのホームページを見てもわかるように、ジェネリック医薬品に関する説明を掲載しています。ジェネリック医薬品とは一体どのようなものなのだろうか、どのようなメリットを得られるのだろうか、そういったことがわかりやすく説明しています。

従来の薬はお医者さんが決めて処方していました。医薬品の商品名が記載されていたため、それ以外の薬をもらうことができませんでした。しかし、ジェネリック医薬品の場合は違ってきます。お薬をもらう立場の人がジェネリック医薬品の使用を推進することができるのです。もちろん、医師や薬剤師との相談が必要にはなります。

パソコン入力

データベース化して管理

ジェネリック医薬品はデータベース化して管理がされています。ある薬にジェネリックがあるかどうかは、すぐにわかるようになっています。だだし、医師の処方箋に「後発医薬品への変更不可」の欄に医師が署名した場合のみ、ジェネリック医薬品が使用できないようになっています。後発医薬品への変更不可」の欄に医師の署名がなければ、薬剤師と患者が相談してジェネリック医薬品を決めることができるのです。

通常よりも薬代を減らすことができる

喜んでいる女性

ジェネリック医薬品を使用すると、通常よりも薬代を減らすことができます。 患者の直接の手出し額も減りますが、それ以上に健康保険組合の負担額の減少というのが大きな期待を寄せられているのです。実はほとんどの保険組合が医療費の高騰によって資金難と戦っています。ジェネリック医薬品を使用することによって、資金難が解消されるのではないかと期待されているのです。

アレルギー体質の人は細心の注意を

ポイント もちろん、すべての医薬品にジェネリックがあるというわけではありません。また、薬の成 分や効能はあまり変わりませんが、添加物が違うという場合があります。特にアレルギー体質の人は、細心の注意を払わなければなりません。 ですので、担当医師に内容物が変わらないかどうかしっかりと確認した上で処方してもらいましょう。アレルギー検査なども定期的に受けることを お勧めします。簡単な血液検査で現在はアレルギーチェックができます。項目を選んで調べられるので、予算に合わせて調べると良いです。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由