ジェネリック業界の求人は経験者が優遇されています

サイトマップ

トップバナー

ジェネリック医薬品業界の求人

上昇イメージ

企業の業績は右肩上がり状態

就職難の時代が続く昨今、最近注目されつつあるのがジェネリック医薬品業界です。 ジェネリック医薬品とは後発医薬品と呼ばれるもので、特許期間の切れた医薬品を他社が製造販売しているものです。 薬価の低下が期待されるので、厚生労働省が中心となり積極的にジェネリック医薬品の利用拡大を推進しています。

そのためジェネリック医薬品の市場は急成長しており、企業の業績は右肩上がり状態です。 それに伴い求人も増加傾向にあります。 就職のための条件も他企業に比べると良いところが多いようです。 もちろん、ジェネリック医薬品市場の拡大は、飽和状態となりいつか止まる時が来ます。 それは10年以上の期間がかかるのではないかと予測されています。 それまでは製薬会社の経営は安定しているのではないでしょうか。

メモをとる女性

経験者を優遇している

あなたがすでに製薬会社に勤務していて転職を考えているのでしたら、ジェネリック企業はいかがでしょうか。 どこの製薬会社も経験者を優遇しているようです。また未経験であったとしても、化学などの知識を持っているのでしたら優遇されるかもしれません。

日本ジェネリックとは

日本ジェネリックロゴ

日本ジェネリックはジェネリック医薬品の製造販売を行っている会社です。ジェネリック医薬品が注目され、市場拡大が予想されたことから、平成17年に日本調剤株式会社が全額出資で設立した会社なのです。日本全国に販売のための支店があり、製造工場はつくば市にあります。ジェネリック医薬品の製造販売に特化するということは、新薬の研究開発を行う必要がなくなるのです。それだけ設備投資と人材確保が激減するので、企業としてのメリットは大きいですね。

日本の医療は世界に比べ特殊

ポイント厚生労働省がジェネリック医薬品の普及を進めているので、日本ジェネリックの業績も拡大傾向にあります。 もちろん、これの現象は日本ジェネリックだけに限ったことではありません。他のジェネリック企業も同じように業績が拡大しています。ジェネリック企業の業績が拡大する=(イコール)新薬を製造している会社の売り上げが減少、ということになります。つまり、医薬品業界全体の構造が変化するかもしれないのです。

日本の医療は世界の国々に比べると特殊です。それは国民健康保険や社会保険が存在するということです。自己 負担がわずかで医療が受けられることが、かえって医療費の高騰を招いているという意見もあります。医療財政 の破たんを避けるべく、医薬品の価格を下げるということが今後の課題となっています。ジェネリック医薬品には そのような背景があり、業界の動向は社会情勢の変化と同調しているのです。ジェネリックがどれだけ今後も伸びていくか、というのが 日本の将来を表しているといっても過言ではないのです。医療費が削減されれば、その分、若い人への負担が減る事も可能なのです。 若者が減少を続ける現代では、このように医療費を軽減しないと国が破たんしてしまうのです。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由