医療関係者によって起こるジェネリックの使用の問題

サイトマップ

トップバナー

使用上の問題点

考える人

どれを選べばよいのか判断が難しい

ジェネリック医薬品のメリットは薬価が安くなることです。 後発医薬品ですから、開発費用がほとんどかからないです。 患者負担の軽減、医療保険財政の改善を目的として、政府が積極的に推進しています。 目標も決められていて、平成24年度までにジェネリックの数量シェアを30%にするといったものです。 平成21年ではシェア20%なので、かなりの努力が必要となります。

ジェネリック医薬品の使用上の問題点に次のようなことがあります。 医療関係者は今まで使用してきた医薬品を理由なく変更することに抵抗感があります。 ジェネリック医薬品のメリットがあまり感じられないのです。 また、ジェネリック医薬品は複数存在するので、どれを選べばよいのか判断が難しいというのもあります。

のんびりしている人

状況は改善されている

高血圧の薬の例では30以上ものジェネリックがある場合もあります。 患者の方は支払うお金が少ないので、ジェネリックの利用メリットは理解しています。 しかし、ジェネリックで問題ないことを医者から説明されていないので、どうしても不安が残るのです。 いずれにしても状況は改善されているため、ジェネリックのシェアが拡大することは間違いないと言えるでしょう。

同じジェネリックなら安い方を

財布イメージ

病院で薬を処方してもらう時、ジェネリック医薬品の使用可否を医師が署名することになっています。基本的に、ジェネリック医薬品を使用できない場合に署名します。私たち患者は医師の処方箋に従い、薬局で薬をもらっています。患者が直接ジェネリック医薬品を購入することは不可能です。けれど、保険組合なども率先してジェネリックの使用を促しています。

ジェネリック医薬品のメーカーはたくさん存在します。1種類の医薬品に対して、複数のジェネリックが存在する場合もあるのです。同じジェネリックなら、安い方を購入すればよいと思います。

医療費を抑えることができます

ポイントジェネリック医薬品のことが広く知られてくると、薬の価格について考える人が増えて来ます。これまでは医療費を抑える必要があると言われてきましたが、患者にとっては具体的な行動がわからなかったのが現状です。治療をしてもらい薬を処方してもらってるけれど、内容はほとんどわからないままです。

しかし、ジェネリックだけは医学の知識がない人でも、医療費を抑えることができます。医療費とは何なのか、どうすれば医療 費を抑えることができるのだろうか。一人一人が考えるきっかけと共にジェネリックがあるのです。 医療費の増加で国の財政が破綻してしまってはどうしようもありません。そうならないためにもジェネリックは必要不可欠なのです。 更に高齢化が進む中、ジェネリックの普及も不可欠になります。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由