ジェネリックの安全性や有効性を理解し疑問を解消しましょう

サイトマップ

トップバナー

安全性や有効性

審査する人

ジェネリック医薬品に対する疑問

厚生労働省にはジェネリック医薬品に対する疑問が寄せられています。ほとんどはジェネリック医薬品をきちんと理解していないために起こるものです。これらの疑問と回答を紹介しましょう。

まず、ジェネリック医薬品は先発医薬品と添加剤が違うため同等品とは言えないのではないかという疑問です。有効成分については先発医薬品とジェネリック医薬品は同等なので、効能や効果は同じと考えられます。しかし添加物は同じものを使用すると言う規定はないので、製薬メーカーの判断に任されています。ただし、安全性や有効性に問題がないという確認するためのデータ提出は必須となります。

街イメージ

適切な審査を経て承認されている

つまり、ジェネリックだといっても何の審査もしないわけではありません。適切な審査を経て承認されています。薬の安全性は新薬と同等と考えてよいでしょう。もちろん、アレルギー反応などの副作用が出る可能性がないわけではありません。また、厳密には先発医薬品とジェネリックで効能や効果、用量が違う場合があります。例外的なものですが、それもすべてリストとしてまとめられており、誰でもが閲覧できます。

ジェネリック医薬品の価格

価格イメージ

薬価とは国が定める公定価格のこと、すなわち定価です。 これは薬価基準という書類に掲載されていて、日本で販売しているすべての薬が表にまとめられています。 この薬価は2年毎に見直されており、実売価格を反映して薬価が改定されるのです。 一般に病院が購入する医薬品は薬価よりも安いので、改定では薬価が下がります。 高い薬価の薬を安価で購入できれば、それだけ病院の利益となります。 以前問題となった患者の薬漬けは病院の利益追求の結果といっても過言ではないのです。

安くなる傾向が

ポイントジェネリック医薬品の価格は安いと言われてますが、どの程度の価格なのでしょうか。 薬価を決めるための基準は、研究開発費や薬の効能などが考慮されます。 新薬を発明するのには、臨床試験などを十分行うことが義務付けられています。 その経費を新薬の価格に乗せることが認められているのです。

ジェネリック医薬品には臨床試験の必要がありません。必然的にその分の価格は下がることとなります。 おおよそ新薬の価格の7割から3割程度がジェネリックの価格となるのです。ジェネリック医薬品は多くの 製薬会社が出しているので、遅く販売を始めた場合にはそれまでのジェネリックよりも安くなる傾向が あります。価格競争ではないですが、値段が結果的に下がってくれるのは利用者にはありがたいですよね。

ジェネリック医薬品の普及率が悪い理由